創作活動の楽しさと苦しみ

私は小さい頃から絵を描くことが大好きで、
将来はそれを生かした仕事に就きたいと
日々デッサンなんかもやってたりします。
絵を描く上でデッサンは必要不可欠なものなんですが
やっぱり上には上がいるもので、
デッサン一つとっても、ものすごく上手い人が世界中に居るわけです。
自分では絶対に描けないような精密なデッサンを見てしまうと、
自分は本当に絵で食べていけるんだろうかと不安になります・・・
子供の頃から他の子よりもたくさん絵を描いてきたおかげで
高校までは絵が上手だと言われてきた私ですが
そういうの見ると自分がいかに凡才なのかを実感してしまって
将来が不安になってしまいます。
私は絵を描くことが好きです。楽しいです。
絵を描くことは私の生きがいだと言っても過言ではないでしょう。
高校時代、授業の一環で小説を書いたりなんかもしましたが
そのおかげかここ数年小説も書くようになりまりた。

小説を書くこともまた、私にとって楽しいものです。
創作活動にはいつだって生みの苦しみがつきまとうものですが
自分が納得できる作品をいつか描け(書け)たらいいなって思います。

Comments are closed.